PowerPoint」タグアーカイブ

色差・明度差をすぐ計算できる『配色シミュレーター』の作り方と活用法

前回の記事で、色差・明度差をつけることで見やすい配色になることは、お伝えできたと思います。

色覚異常でも見やすい配色になる『2つの差』の埋め方

しかし、どちらの差も計算式が複雑で、いちいち計算していられませんよね。

そこで簡単に計算できる、配色シミュレーターを作りました。

ちなみに、当方 Macbook ですので Keynote で作成しました。
関数はそのまま Excel へ転用できるのでご安心ください。

表計算ソフトでシミュレーター作成

左側にセル、右側にグラフを配置します。

セルは、行(タテ)に色、列(ヨコ)に RGB値と計算結果。
グラフは、選んだ色(この場合は文字色)の色差と明度差が基準を越えているか、一目でわかるようにします。

基準をおさらい

色差は RGB値それぞれの差を合計したもの
明度差は RGB値それぞれに重みをつけた値の差
でしたね。

見やすい配色の基準は、色差が 500 以上、明度差が 125 以上です。

セル:関数には絶対値を忘れずに

まず表計算ソフトの基本ですが、ベタ打ちの数字は青、計算結果は黒と色分けしています。
間違えて関数を消してしまわないように、いじって良い数値を青色にして、一目でわかるようにしてください。

関数の中身は以下の通りです。
差がマイナスにならないように、引き算には ABS関数を使って絶対値にしてください。

色差は、背景色から各色の RGB値を引き、その差を足せばいいので

= SUM ( ABS($B$2-B3), ABS($C$2-C3), ABS($D$2-D3) )
これを I3 へ入力します。

一方、明度差はまず各色の差を計算します。

= ( B3*299 + C3*587 + D3*114 ) / 1000
これを G3 へ入力し、背景色との差を取ります。

= ABS ( $G$2-G3 )
これを J3 へ入力。

最後に、見やすい基準に達しているかを判定します。

= IF ( I3 >= 500, IF ( J3 >= 125, “OK”, “NG” ), “NG” )
これを K3 へ入力。

色差が 500 以上、明度差が 125 以上であれば、K3 セルに『OK』と表示されます。

もっとも差が大きい白と黒を比べているので、色差・明度差とも最大値になっていますね。

グラフ:基準線を追加して分かりやすく

グラフは散布図、グラフの範囲は I3 : J3 に設定します。
次に X軸と Y軸、それぞれの目盛りと基準線を調整しましょう。

X軸(色差)の場合、目盛りは 0 〜 765 に、基準線は 500 にしてください。
これで、色差が 500 以上かどうかが一目で分かります。
同じく Y軸も設定してください。

これで配色シミュレーターは完成です。色を追加したい場合は、行を挿入してください。
では、実際に色々試してみましょう!

配色の基本 + 背景色は白

慣れるまで背景色はシンプルに白にしましょう。
配色の基本は、『3色の比率を守ること』です。

ベース(背景):メイン:アクセント
=70 : 25 : 5
3色の場合は、この比率を守るとバランスが良くなります。

配色の基本

基本パターン:文字色とメインカラーを統一

基本は 3色で、文字色とメインカラーを同じ色にします。

文字色とメインカラーを同じ色にする場合、全体が重くならないよう工夫してください。
たとえば色が強い場合は塗りつぶしを避ける、文字が多い場合は細いフォントを使うなどが効果的です。

4色パターン:前記事の例

前記事での実例です。

基本的に背景色は白、文字色は黒でいいのですが、これだと差が大きすぎるので、この例では黒を少し弱めてグレーにしています。
実際に、多くのサイトでは文字色にグレーが使われていますよ。

基準内では rgb(87, 87, 87) のグレーまで使用できるので、お好みで設定してください。

多色パターン:3色の比率をキープ

レゴ®︎クリックブリック

さらに色を増やしたいときも、3色の比率をキープするのが大原則です。

増やす色の選び方ですが、大きく 2パターンあります。

  1. トーン (彩度と明度) を固定して、色相を変える
  2. 色相を固定して、トーンを変える

こうすることで色を増やしても見にくい配色になるのを避けることができます。

背景色には最適な範囲がある

少し慣れてきたと思うので、背景色を白以外にしてみましょう。

しかし、すべての色が背景色に適しているわけではありません。
背景色に最適な色には、条件があるのです。

黒はややグレー気味に

背景色を黒にすると、文字色は白です。
文字色を黒→グレーにしたのと同じように、背景色も完全な黒ではなくグレーにした方がコントラストを抑えられます。

有彩色では差をつけにくい

背景色に白と黒、グレーいわゆる無彩色を使ってきましたが、有彩色でも試してみましょう。

例えば、rgb(200, 100, 100) にしてみます。

RGB値の極値である白でも黒でも見やすい基準をクリアできないことが分かります。
つまり、基準をクリアするための背景色には一定の条件があるということです。

背景色を条件範囲に収める

見やすい背景色の条件範囲は、以下のとおりです。

『背景色のRGB値の合計が 265以下、または500以上』

この基準をクリアするように背景色を決めましょう。

そして、有彩色を使いたい場合でも、RGB値をこの範囲に収めると見やすさを維持できるということです。

まとめ

できるだけシンプルに作りましたが、少し複雑になってしまいました。

基本的には『背景色が白の 4色パターン』が、もっとも使い勝手が良いと思います。

ぜひ配色シミュレーターをご活用いただき、少しでも日々の資料作成のお力になれれば幸いです。

説明なしで伝わるスライドの作り方

ミーティングでの資料説明って無駄ですよね。

伝えたいことがうまく伝わらない、何度も説明を求められてモヤモヤしたこと、ありませんか。

どうすればスムーズに伝えられるのでしょうか。

この記事では、聞き手の情報の受け取り方を利用して、説明なしで伝わるスライドの作り方をお伝えします。

情報の受け取り方は2種類ある

私たちが何か情報を受け取るとき、その処理の仕方は2種類しかありません。

速い思考と、遅い思考です。

速い思考

・赤信号で止まる
・好きな芸能人のCMで見た商品を買う
・人相の悪い人が犯人だと決めつける

速い思考はとくに意識せず自動的に出る思考で、直感的な判断が得意です。しかしくせや思いつきなどのバイアスに引きずられたり、表面的なものに騙されたり間違った判断をしてしまうことがあります。また自分でスイッチオフできません。

遅い思考

・レポートを書きながら友人の話に相づちをうつ
・新商品の需要予測をたてる
・新しいiPhoneの性能差を比較する

速い思考で対処できなくなると、遅い思考が出てきます。遅い思考は記憶や知識をもとに考え、未経験の問題や難しい問題でも答えを導くことができます。しかし使うには努力や注意力を要します。

まず前提として、人間の情報処理にはこれらの2種類があるということを知っておいてください。

速い思考に働きかける

説明なしで情報を伝えるには、速い思考に働きかけるのが手っ取り早いです。

そもそも聞き手に効果的にメッセージを伝える方法は、2つあります。

1つ目は速い思考に働きかけ、伝えたいメッセージだけを伝える方法です。

伝えたいメッセージを明確にし、不必要な情報を一切削ぎ落としたうえで、画像やグラフなどで聞き手を誘導します。

2つ目はあえて疑問を抱かせて遅い思考を引き出し、すぐに答えを与えることで納得させる方法です。

この方法では、答え=メッセージとなるような疑問をうまく準備しなければ、聞き手は納得しません。

今回はできるだけ余計な説明を省きたいので、1つ目の方法を使ってスライドを作成します。

伝えたいメッセージだけを伝える

本や新聞の文章を読んでいるとき、だんだん疲れてくると文字全体を絵として見てしまう瞬間がきませんか?

ふつう文章を理解するには遅い思考が必要です。しかし集中力が切れて速い思考に戻ってしまうと、文章=ただの文字の羅列としてしか認識できなくなります。

つまり、文章の内容は遅い思考でないと読み取ってもらえませんが、画像は速い思考でも読み取ってもらえるのです。

今回はメッセージを確実に伝えたいので、画像やグラフを効果的に使うことにします。

伝えたいメッセージを明確にする

まず、スライドごとに伝えたいメッセージを1つだけ明確にします。

色々書きたい気持ちはわかりますが、話題が広がってしまうと何を伝えたいのかが薄まり、聞き手は困惑してしまいます。

1スライド=1メッセージを守り、まずはそのスライドで一番伝えたいメッセージを考えましょう。

良いメッセージは、以下3つの条件を満たします。ぜひチェックしてください。

1. 簡潔
2. 具体的
3. 聞き手にとってのメリットがわかる

良いキャッチコピーが思いつかない人はこの3つのポイントが抜けているかもしれない

メッセージ以外の文章を消す

次に、スライドからタイトル以外の文章を消してください。

基本的に聞き手は速い思考です。スライドをただ見ているだけで、読んでくれません。その聞き手相手にいくら文章を練ったところで効果は薄いでしょう。

文章や箇条書きはやめて、ただ見ているだけの聞き手にも分かる、グラフや画像に変更します。

メッセージを伝えるための画像を選ぶ

文章・箇条書きを削除したら、メッセージを伝えるための画像を選んでいきます。

画像は伝えたいメッセージに即したものにします。

具体的には

メッセージをそのまま表すもの
メッセージの具体例
メッセージを表す概念

のどれかにします。

例えば

メッセージ
『○○○(新商品)のポイントは、手軽さと本格さの両立』

画像
:新商品の手軽さと本格さを表す写真
①新商品の画像
②コンビニとプロの料理人の画像
③シーソーや天秤の画像

例えば②だと、こうなります。

伝えたいメッセージである、『○○○(新商品)のポイントは、手軽さと本格さの両立』が伝わるような内容になっていますよね。

このようにメッセージに即した画像を使うことで、伝えたいメッセージだけを伝えることができます。

まとめ

情報の受け取り方は2種類あり、速い思考だけでも理解できるよう画像中心のスライドにすると、説明なしにメッセージを伝えられます。

ミーティングやプレゼンでいちいち説明したくない場合や、読むだけでメッセージが伝わるスライドを作りたい場合に、ぜひ参考にしてください。