スマートスピーカー」タグアーカイブ

Amazon Echo (Alexa) を使って普通の家電を声であやつる方法

iPhoneの革新性のひとつはボタンをなくしたこと。アプリや機能にあわせて必要最低限のボタンを画面に表示するという発想でイノベーションを起こし、従来のスマートフォンを駆逐しました。

一方で家電のリモコンはいまだに使わないボタンであふれています。リモコンを見て家電を選ぶ人がいないから良くならないのでしょうか。

使うボタンを絞ってシンプルにすれば?

いっそのことリモコンをなくしては?

という発想で、声で操作できるスマート家電が出ていますが、家電はすいすい買い替えられるものではありません。

そこでスマートスピーカーを使って普通の家電を声だけで操る方法をご紹介します。

必要なものはふたつ

普通の家電を声で動かすには、スマートスピーカーと赤外線センサーのふたつが必要です。

スマートスピーカー

最安だとAmazon Echo Dot です。見た目がスマートでどんな部屋にも馴染みます。デメリットは招待制なので、購入までに1ヶ月ほど時間がかかる点です(執筆時点)。いますぐ音声操作をしたいなら Google Home が良いでしょう。

Google Home

以下、Amazon Echo シリーズを前提に進めていきます。

赤外線センサー

色々出ていますが、Linkjapan の eRemote がおすすめです。Alexa に対応しているうえ、センサー以外にも関連アイテムが豊富なんです。

eRemote mini

Amazon の評価がやや低いですが、これは商品の性能が悪いからではなく設定が難しいのが理由です。

eRemote miniのカスタマーレビュー – Amazon

eHome アプリをダウンロードして設定していきますが、公式の設定方法ではエラーになってしまうので、以下の方法で設定してみてください。

これでふたつを Wi-Fi に繋げられました。さっそく使ってみましょう。

できること①:リモコンの代わり

できることの 1つ目は、リモコンの代わりです。

まずは eHome アプリで、家電を登録します。
ここで注意ですが、家電はすべて『照明』として登録してください。

家電が追加できたら、操作したいボタンを学習させます。

「アレクサ、[家電名] [命令]」

このように呼びかけます。

これで、

「アレクサ、[テレビ] [つけて]」
「アレクサ、[エアコン] の温度 [あげて]」

みたいに操作できるようになります。

できること②:リモコンを越える『定型アクション』

できることの 2つ目は、家電の一括操作です。
定型アクションを設定すれば、キーワードだけで別々の家電を一度に動かすことができます。

「アレクサ、いってきます」

照明、テレビ、エアコンの電源がきれる

これがスマートスピーカーと家電をつなぐ一番のメリットです。

冬の寒い朝、目覚めた布団の中からエアコンと加湿器とテレビをつけたり、残業で疲れて帰った夜、ひとことで照明とテレビとエアコンがついたらすごく快適ですよね?

設定方法です。
定型アクションは実行条件とアクションに分けられます。

実行条件は、以下の手順で設定できます。

アクションは、オン・オフをタップして変更します。照明として登録しているので明るさが出てきますが、これは変更しなくて大丈夫です。

これで定型アクションが登録できました!

僕は

「おはよう」
「いってきます」
「ただいま」
「おやすみ」

の 4つを登録していますが、「おはよう」だけうまく作動してくれません。

実はおはようは、デフォルトで「今日は◯◯の日です」というアクションが登録されているらしく、反応率が低くなります。

このようにデバイス設定をすれば、「おはよう」でも問題なく反応してくれますよ。

まとめ

スマートスピーカーと eRemote だけで、家じゅうの家電があなたの声を聞いてくれるようになります。

登録は少し面倒ですが、リモコンから解放される暮らしは快適ですよ。

Amazon EchoはPC・スマホと共存する「新しい検索手段」である3つの理由

2017年11月、ついに日本でもAmazon Echoが発売されましたね。
スマートスピーカーというものに興味があったので発売初日にAmazonで検索したら、まさかの招待制。

ということでリクエストを送って約1ヶ月。ついにAmazonから招待メールが届きました!

長かった。。

そもそもスマートスピーカーとは、無線通信接続機能と音声操作のアシスタント機能を持つスピーカーの総称です。一般的なスピーカーは音楽など入力した情報をそのまま出力するだけなのに対し、スマートスピーカーは入力された情報を理解し、答えを返してくれます。「今日の天気は?」「東京都の天気は晴れ、予想最高気温は17度です。」というように。

でも検索なら手元のPCやスマホで十分ですよね?
なぜ今、スマートスピーカーが注目されているのでしょうか。

それは、スマートスピーカー(ここではAmazon Echo)はPC・スマホと共存する「新しい検索手段」だからです。

Amazon Echoが新しい検索手段である3つの理由が分かれば、毎日の暮らしがもっと便利になるはずです。

PC・スマホの【ブラウザ検索】と、Amazon Echoの【音声検索】の違いを比較していきます。

音声検索にはノイズがない

まず1つ目の違いは、ノイズの量です。

ブラウザ検索は広告や関連情報、他の方はこんなページも読んでいますというレコメンド等、とにかく入ってくる情報が多いです。1を調べるのに10の情報が入ってくるようなイメージでしょうか。

ノイズだとわかっている分にはいいですが、そうでない場合は要注意です。
疲れている時やぼーっとしている時に興味のある広告が目に入り、ついクリックしてしまったこと、ありませんか?
また、調べたいことを忘れて全然違うページを読んでしまったり、スマホを開けたついでにSNSを見てしまって時間を無駄にしたこと、ありますよね?

ブラウザ検索はノイズだらけなので、心を強く保っていないとすぐに意識と時間を持っていかれます。

一方、音声検索にはノイズがほとんどありません
1を調べると1だけが返ってきます。たまにサービスの加入を勧められたりしますが、興味のない情報を見せられることはまずありません。

このように、得意とする検索対象が違うので、

  • あいまいな領域や多くの情報を調べたい→ブラウザ検索
  • ピンポイントに一つの情報が欲しい→音声検索

と使い分けられそうです。

音声検索は手間が掛からない

2つ目の違いは手間です

ブラウザ検索は
スマホを取り出す
→ロック画面の解除
→ブラウザを立ち上げる
→文字を打ち込む
というように手間がかかります。さらに調べたいことは知らなくてもいいような些細なことだったりするので、スマホ出すのが面倒で諦めたりしますよね。

しかし、音声検索だと質問するだけで良いのです。もちろん検索結果は声で返ってきます。思いついたときに呼ぶだけでいいので手間はかかりません。

特に家の中だと外出時よりもリラックスしているので、リモコンを取りに行ってボタン1つ押すようなことでさえ面倒に感じてしまうのです。そんな時に声だけでテレビの音量が下がったり、パッとエアコンが付いたら素敵だと思いませんか。

音声検索は情報を調べるだけでなく、家電やアプリとの連動もできるので、毎日のちょっとした手間を省けます。

音声検索はとにかく速い

最後に3つ目は、検索スピードです。

例えば天気。
ブラウザ検索では文字を入力するので10秒以上はかかりますが、音声入力だと10秒もかかりません。

仕事でも言えることですが、メールよりも電話の方が早いですよね。ただ仕事の場合は一方的に相手の時間を奪うことになるので、電話はあまりスマートではありません。
しかしAmazon Echoはあなたの専属アシスタントです。ガンガン使いましょう。

まとめ

以上、Amazon Echoが新しい検索手段なのは、ノイズ、手間、スピードの3つの理由があるからだと考えています。

そして、音声検索は単体で使うよりも、ブラウザ検索と組み合わせることでさらに便利になるのです。
本やブラウザ検索で大まかな情報を調べながら、わからない単語はピンポイントで音声検索する。ブラウザのタブをいくつも開かずに済みます。

さらにブラウザ検索で手と目を動かし、音声検索で口と耳も使えるようになるので、情報の処理スピードが上がります。
例えば、スポーツや楽器演奏でも手と目だけじゃなく五感をフルに使いますよね。

このように、音声検索はブラウザ検索と共存する「新しい検索手段」なのです。

僕自身、まだまだAmazon Echoを使いこなせていないので、これからどんどん活用していきます。
今後は、便利なスキルや提携アクションなどレビューしていく予定ですので、そちらもぜひ読んでもらえると幸いです。