余暇」カテゴリーアーカイブ

向き調節に苦戦?デスクを広く使えるヒューレットパッカードのシングルモニターアームがおすすめ

ノートPC だけだと、作業数が増えるほど効率が下がります。
僕はブログ記事の作成に、ブラウザ・テキストエディタ・Keynote の少なくとも 3つを並行して使うので、画面が足りません。

デスク環境を 4レベルに分類します。

  • Lv. 1 ノートPC のみ
  • Lv. 2 モニター
  • Lv. 3 モニター + 台
  • Lv. 4 モニターアーム

モニターだけだとノートPC と画面が被るし、台に乗せてもデスクが狭くなってしまいますよね。

モニターアームを使ってモニターを浮かせると、埋もれていたスペースを有効活用できます。紙や本も広げられますし、モニターが頭の位置にあるので、姿勢が良くなり肩こりも改善されるはずです。

ではモニターアームはどんなものが良いのでしょうか?
安いものだと2〜3000円から購入できますが、モニターやノートPCなど高価なものを守るため、品質を重視しましょう。
エルゴトロンは高品質で有名ですが、少し高い。
そこで Hewlett Packard シングルモニターアーム BT861AA がおすすめです。
エルゴトロンのOEMなので安心なうえ、エルゴトロン製品より安く購入できます。

コスパの素晴らしい商品なのですが、ただ難しいのが、モニターの向き調節です。

僕自身かなり苦戦しましたし、同様のレビューがAmazonや価格.com でも見受けられたので、モニターの向き調節を重点的に解説したいと思います。

Before / After 画像

まず、Before / After の画像です。

デスクを広く使えているのが分かると思います。
実際かなり快適ですし、毎日デスクに向かいたくなるのが良いです。

説明書が簡易なイラスト中心でかなり感覚に頼ることになるので、写真で追っていきます。

モニターの向き調節ネジを緩めておく

  1. 部品確認
  2. 土台
  3. モニター
  4. アーム

の順で設置します。

  1. 部品確認
  2. ① 発泡スチロールでしっかり梱包されています。
    ② ビス、レンチ付き
    ③ イラストがメインなので感覚的に組み立てられそうです。

  3. 土台

  4. モニター下のスペースを活用したいので、土台はモニター下ではなくあえてテーブル右端に固定しています。

    土台は厚み 6cm のデスクまで固定できます。普通のデスクならまず問題なく設置できそうです。

  5. モニター
  6. ① 先にモニターとアームを接続しておきましょう。
    ② アームは上向きで固定されています。
    ③ ここがポイントですが、あらかじめアーム下の調節穴を左に回しておくべきです。
    アーム下の調節穴を緩めておかないと、向きを調節できずモニターが真上を向き続けることになります・・・(僕はそうなりました)。

  7. アーム

  8. 2本のアームを差し込んで完成。
    ここから高さと位置を調節していきます。

    調節穴は 2種類で、それぞれに対応するレンチが付属しています。

    細いレンチはアームの位置、太いレンチはアームの高さとモニターの向きを変更するのに使用します。
    固定する場合は右(プラス)、動かしたい場合は左(マイナス)です。

これで組み立ては完了です。

参考:VESA規格がないモニターの場合

僕はモニターアームを組み立てている時に、モニターに VESA規格がないことに気づき、絶望しました。

ですが、こちらの海外サイトでアタッチメントを購入し、なんとか取り付けることができたので紹介しておきます。

Gladiator Joe

注文方法

  1. Quick Searchに、モニターのメーカー名・型番を入力
  2. 型番に最も近い部品をクリックし、型番が対応しているか確認
  3. Add to cart でカートに入れ、Checkout で会計画面へ
  4. 必要な情報を入力

海外のサイトなので、住所の書き方が少し違います。
【Address Line 1】には◯◯市以下の住所を入力します。
日本)1-1-1 xxマンション 101号室
ならば、
海外)#101 ◯◯マンション, 1-1-1
という風に書きます。ざっくり言うと日本の住所を逆から書くイメージです。

英語の住所の書き方

注文が確定したのち船で輸送され、 2〜3週間後に届きます。
万が一、モニターアームが取り付けられなかった場合にご活用ください。

まとめ

モニターアームがあれば、画面だけでなく、デスクも広く使えるようになります。
今、デスクが手狭だなと感じているなら、ぜひモニターアームを導入してみてくださいね。

ストレスを与えてくる人に遭遇した時にとるべき、3ステップ対処法(他人ver.)

時々、ストレスを与えてくる人に出会いませんか。

満員電車で舌打ちしながら体を押してくる人、ランチの隣の席でクチャクチャと音を立てて食べる人。

遭遇するだけで嫌な気分になりますよね。

無視したくても気になってしまい、結局ストレスが溜まってしまう。

こんな、ストレスを与えてくる人にはどう対処していますか?

もし明確な対処法を持ち合わせていないのであれば、この記事を役立ててください。

ストレスを最小限に抑える対処法を、3つのステップでお伝えします。

わかりやすいように、【満員電車で自分の空間を確保しようと体を押してくるおじさん】を具体例として話を進めていきますね。

 

メタ認知で自分を知る

第1ステップは、ストレスを感じている状況を客観的に知ることです。

これをメタ認知といいます。

メタ認知

自己の※認知活動(知覚、情動、記憶、思考など)を客観的に捉え評価した上で制御することである。「認知を認知する」 (cognition about cognition) 、あるいは「知っていることを知っている」(knowing about knowing) ことを意味する。
メタ認知 – 脳科学辞典

※認知活動という表現がわかりにくいので、この記事では感情とします。

メタ認知には3つの手順が必要です。

  • モニタリング
  • 理由の深掘り
  • コントロール

自分の感情をモニタリングする

まずは、自分が何をどう感じているのかを知ることから始めます。

しかし自分の感情を知りたいので、録画したり他の人にインタビューすることはできません。

そこでオススメなのが、「私は」と主語をつけてつぶやくことです(心の中で)。

【このおじさん押してくる。ムカつくなあ!
これだとイライラが溢れて、思わず押し返してしまいそうです。
「私は」おじさんがスペースを確保しようとしていることに腹が立っている。】

このように主語をつけることで、感情を事実として明確にすることができます。

感情を深掘りする

自分の感情が分かれば、その感情の理由を深掘りします。

【腹が立っているのは・・・満員電車なのにおじさんが押してくるから。でもおじさんも誰かに押されてるのかもしれないし、そもそも今日は暑いからかもしれない。

感情の原因や理由を深掘りすることによって、感情的にならず冷静に判断できるようになります。

感情をコントロールする

このように、事実と感情を切り離して考えることで、感情をコントロールできます。

これがメタ認知の手順です。まずは自分の感情を把握し、感情のままに判断してしまわないようにしましょう。

 

相手の行動原理を考える

次は第2ステップです。

自分の感情をコントロールできるようになったら、なぜ相手がそのような行動をとっているのかを考えましょう。

誰もが自分が幸せになれると思って行動している

基本的に、人間は自分が幸せになれるであろう行動をとります

これはとても重要な考え方です。

他人からくるストレスのほとんどは、この考え方を理解していないことが原因です。

自分と相手、両方の立場から考えます。

自分はなぜしないのか?

まず、あなたはなぜその行動をとらないのかを考えてみてください。

簡単です。

メリットがないと思うからです。

そんなことをしても幸せになれないと思うから同じことはしないし、相手がなぜその行動をとるのかも理解できないのです。

相手はなぜするのか?

相手も同じで、それによって何かしらのメリットがあるから行動します。

その行動のメリットが周りの人にも賛同できるものであれば問題ありません。

しかし、一見わかりづらい場合や迷惑行為である場合、その行動の動機が理解できず、嫌な気分になるのです。

相手の行動原理を知るためには、行動だけに注目するのではなく、なぜその行動をしたいのかを考えることが必要なのです。

 

関わりをもたず、遠ざけるのがベスト

お互いの立場を理解したうえで、相手を遠ざけます。

これが第3ステップです。

自分と相手の感情や行動原理がわかったとしても、人間の行動をすぐさま変えることは難しいです。

それよりも、お互いにとってベストな選択を目指しましょう。

行動を変えられると思わないこと

まず、相手に対抗したり、相手を変えてやろうとは思わない方がいいです。

自分と相手の行動原理は違うので、対抗してしまうと価値観の押し付けになってしまい、余計なトラブルに発展してしまうこともあります。気をつけましょう。

関わる必要はない

相手は『自分の人生に関係がない人(=他人)』なので、わざわざ干渉して関係をつくる必要はありません。

ストレスを与えてくる相手が家族や大切な友人である場合は、その行動を変えさせる必要がありますが、他人の場合は関わらない方がいいです。

相手の未熟宣言だと捉える

ストレスを与えてくる相手は、『自分はこんな行動をとってしまうほど未熟なんです』と宣言していると捉えてください。

あなたからすれば迷惑な行動でも、相手にとってはそうするのがベストなのです。

あなたにストレスを与えようと企んでいるわけではなく、ただ周りに気を配る余裕がないだけなのです。

このように捉えると、気分が楽になりませんか?

あなたの貴重な時間を相手に奪わせることなく、あなた自身に集中してあげてください。

 

まとめ

ストレスを与えてくる人に遭遇したときは、

  1. 自分の感情を知る
  2. 相手の感情を理解する
  3. 遠ざける

この3ステップで対処しましょう。