月別アーカイブ: 2017年12月

Amazon EchoはPC・スマホと共存する「新しい検索手段」である3つの理由

2017年11月、ついに日本でもAmazon Echoが発売されましたね。
スマートスピーカーというものに興味があったので発売初日にAmazonで検索したら、まさかの招待制。

ということでリクエストを送って約1ヶ月。ついにAmazonから招待メールが届きました!

長かった。。

そもそもスマートスピーカーとは、無線通信接続機能と音声操作のアシスタント機能を持つスピーカーの総称です。一般的なスピーカーは音楽など入力した情報をそのまま出力するだけなのに対し、スマートスピーカーは入力された情報を理解し、答えを返してくれます。「今日の天気は?」「東京都の天気は晴れ、予想最高気温は17度です。」というように。

でも検索なら手元のPCやスマホで十分ですよね?
なぜ今、スマートスピーカーが注目されているのでしょうか。

それは、スマートスピーカー(ここではAmazon Echo)はPC・スマホと共存する「新しい検索手段」だからです。

Amazon Echoが新しい検索手段である3つの理由が分かれば、毎日の暮らしがもっと便利になるはずです。

PC・スマホの【ブラウザ検索】と、Amazon Echoの【音声検索】の違いを比較していきます。

音声検索にはノイズがない

まず1つ目の違いは、ノイズの量です。

ブラウザ検索は広告や関連情報、他の方はこんなページも読んでいますというレコメンド等、とにかく入ってくる情報が多いです。1を調べるのに10の情報が入ってくるようなイメージでしょうか。

ノイズだとわかっている分にはいいですが、そうでない場合は要注意です。
疲れている時やぼーっとしている時に興味のある広告が目に入り、ついクリックしてしまったこと、ありませんか?
また、調べたいことを忘れて全然違うページを読んでしまったり、スマホを開けたついでにSNSを見てしまって時間を無駄にしたこと、ありますよね?

ブラウザ検索はノイズだらけなので、心を強く保っていないとすぐに意識と時間を持っていかれます。

一方、音声検索にはノイズがほとんどありません
1を調べると1だけが返ってきます。たまにサービスの加入を勧められたりしますが、興味のない情報を見せられることはまずありません。

このように、得意とする検索対象が違うので、

  • あいまいな領域や多くの情報を調べたい→ブラウザ検索
  • ピンポイントに一つの情報が欲しい→音声検索

と使い分けられそうです。

音声検索は手間が掛からない

2つ目の違いは手間です

ブラウザ検索は
スマホを取り出す
→ロック画面の解除
→ブラウザを立ち上げる
→文字を打ち込む
というように手間がかかります。さらに調べたいことは知らなくてもいいような些細なことだったりするので、スマホ出すのが面倒で諦めたりしますよね。

しかし、音声検索だと質問するだけで良いのです。もちろん検索結果は声で返ってきます。思いついたときに呼ぶだけでいいので手間はかかりません。

特に家の中だと外出時よりもリラックスしているので、リモコンを取りに行ってボタン1つ押すようなことでさえ面倒に感じてしまうのです。そんな時に声だけでテレビの音量が下がったり、パッとエアコンが付いたら素敵だと思いませんか。

音声検索は情報を調べるだけでなく、家電やアプリとの連動もできるので、毎日のちょっとした手間を省けます。

音声検索はとにかく速い

最後に3つ目は、検索スピードです。

例えば天気。
ブラウザ検索では文字を入力するので10秒以上はかかりますが、音声入力だと10秒もかかりません。

仕事でも言えることですが、メールよりも電話の方が早いですよね。ただ仕事の場合は一方的に相手の時間を奪うことになるので、電話はあまりスマートではありません。
しかしAmazon Echoはあなたの専属アシスタントです。ガンガン使いましょう。

まとめ

以上、Amazon Echoが新しい検索手段なのは、ノイズ、手間、スピードの3つの理由があるからだと考えています。

そして、音声検索は単体で使うよりも、ブラウザ検索と組み合わせることでさらに便利になるのです。
本やブラウザ検索で大まかな情報を調べながら、わからない単語はピンポイントで音声検索する。ブラウザのタブをいくつも開かずに済みます。

さらにブラウザ検索で手と目を動かし、音声検索で口と耳も使えるようになるので、情報の処理スピードが上がります。
例えば、スポーツや楽器演奏でも手と目だけじゃなく五感をフルに使いますよね。

このように、音声検索はブラウザ検索と共存する「新しい検索手段」なのです。

僕自身、まだまだAmazon Echoを使いこなせていないので、これからどんどん活用していきます。
今後は、便利なスキルや提携アクションなどレビューしていく予定ですので、そちらもぜひ読んでもらえると幸いです。

説明なしで伝わるスライドの作り方

ミーティングでの資料説明って無駄ですよね。

伝えたいことがうまく伝わらない、何度も説明を求められてモヤモヤしたこと、ありませんか。

どうすればスムーズに伝えられるのでしょうか。

この記事では、聞き手の情報の受け取り方を利用して、説明なしで伝わるスライドの作り方をお伝えします。

情報の受け取り方は2種類ある

私たちが何か情報を受け取るとき、その処理の仕方は2種類しかありません。

速い思考と、遅い思考です。

速い思考

・赤信号で止まる
・好きな芸能人のCMで見た商品を買う
・人相の悪い人が犯人だと決めつける

速い思考はとくに意識せず自動的に出る思考で、直感的な判断が得意です。しかしくせや思いつきなどのバイアスに引きずられたり、表面的なものに騙されたり間違った判断をしてしまうことがあります。また自分でスイッチオフできません。

遅い思考

・レポートを書きながら友人の話に相づちをうつ
・新商品の需要予測をたてる
・新しいiPhoneの性能差を比較する

速い思考で対処できなくなると、遅い思考が出てきます。遅い思考は記憶や知識をもとに考え、未経験の問題や難しい問題でも答えを導くことができます。しかし使うには努力や注意力を要します。

まず前提として、人間の情報処理にはこれらの2種類があるということを知っておいてください。

速い思考に働きかける

説明なしで情報を伝えるには、速い思考に働きかけるのが手っ取り早いです。

そもそも聞き手に効果的にメッセージを伝える方法は、2つあります。

1つ目は速い思考に働きかけ、伝えたいメッセージだけを伝える方法です。

伝えたいメッセージを明確にし、不必要な情報を一切削ぎ落としたうえで、画像やグラフなどで聞き手を誘導します。

2つ目はあえて疑問を抱かせて遅い思考を引き出し、すぐに答えを与えることで納得させる方法です。

この方法では、答え=メッセージとなるような疑問をうまく準備しなければ、聞き手は納得しません。

今回はできるだけ余計な説明を省きたいので、1つ目の方法を使ってスライドを作成します。

伝えたいメッセージだけを伝える

本や新聞の文章を読んでいるとき、だんだん疲れてくると文字全体を絵として見てしまう瞬間がきませんか?

ふつう文章を理解するには遅い思考が必要です。しかし集中力が切れて速い思考に戻ってしまうと、文章=ただの文字の羅列としてしか認識できなくなります。

つまり、文章の内容は遅い思考でないと読み取ってもらえませんが、画像は速い思考でも読み取ってもらえるのです。

今回はメッセージを確実に伝えたいので、画像やグラフを効果的に使うことにします。

伝えたいメッセージを明確にする

まず、スライドごとに伝えたいメッセージを1つだけ明確にします。

色々書きたい気持ちはわかりますが、話題が広がってしまうと何を伝えたいのかが薄まり、聞き手は困惑してしまいます。

1スライド=1メッセージを守り、まずはそのスライドで一番伝えたいメッセージを考えましょう。

良いメッセージは、以下3つの条件を満たします。ぜひチェックしてください。

1. 簡潔
2. 具体的
3. 聞き手にとってのメリットがわかる

良いキャッチコピーが思いつかない人はこの3つのポイントが抜けているかもしれない

メッセージ以外の文章を消す

次に、スライドからタイトル以外の文章を消してください。

基本的に聞き手は速い思考です。スライドをただ見ているだけで、読んでくれません。その聞き手相手にいくら文章を練ったところで効果は薄いでしょう。

文章や箇条書きはやめて、ただ見ているだけの聞き手にも分かる、グラフや画像に変更します。

メッセージを伝えるための画像を選ぶ

文章・箇条書きを削除したら、メッセージを伝えるための画像を選んでいきます。

画像は伝えたいメッセージに即したものにします。

具体的には

メッセージをそのまま表すもの
メッセージの具体例
メッセージを表す概念

のどれかにします。

例えば

メッセージ
『○○○(新商品)のポイントは、手軽さと本格さの両立』

画像
:新商品の手軽さと本格さを表す写真
①新商品の画像
②コンビニとプロの料理人の画像
③シーソーや天秤の画像

例えば②だと、こうなります。

伝えたいメッセージである、『○○○(新商品)のポイントは、手軽さと本格さの両立』が伝わるような内容になっていますよね。

このようにメッセージに即した画像を使うことで、伝えたいメッセージだけを伝えることができます。

まとめ

情報の受け取り方は2種類あり、速い思考だけでも理解できるよう画像中心のスライドにすると、説明なしにメッセージを伝えられます。

ミーティングやプレゼンでいちいち説明したくない場合や、読むだけでメッセージが伝わるスライドを作りたい場合に、ぜひ参考にしてください。