月別アーカイブ: 2017年5月

現代文こそエビデンスに基づいて解答すべきだと、センター過去問を使って示してみる

前回の記事でセンター現代文の解き方について書くと宣言したので。

現代文が苦手な受験生は多い。毎日スマホで見ているLINE、Twitter、ネット記事。日常生活で最も馴染みのある科目であるにもかかわらず、である。現代文はセンター科目の中でも最も抽象的な科目であり、明確な解き方を教えてくれない科目なのだ。学校の授業を振り返ってみてほしい。数学や社会は問題の解き方や覚えるべきワードを教えてくれるのに、現代文は本文と設問の解説をやって終わり。現代文の勉強方法がわからず放置している受験生は多いのではないだろうか。

では現代文で8割取るにはどうすれば良いのか。前回記事と同様センター試験の出題形式に則った、エビデンスに基づく解答法を実際の過去問で実践しようと思う。

現代文は「何となく」では解けない

冒頭で触れたとおり、現代文は馴染みのある科目にもかかわらず、解き方を教わらないがゆえに受験生に放置されてしまいがちな科目なのだ。その結果、受験生の多くは現代文を「何となく」で解いてしまうので得点が安定しないのである。なぜ「何となく」では解けないのか。以下、具体的に見ていこう。

「何となく」でやると引っかかる

センター現代文は、「何となく」で解答すると引っかかる。なぜならセンター試験は平均点がだいたい6割になるように設計されているので、何となく解答すると平均の6割に収束される。8割を取るためには平均=多くの受験生より2割多く正解しなければならない。しかし実際は多くの受験生が、「何となく」で解答してしまう。

現代文は抽象的な文章

なぜ「何となく」で解いてしまうのか。それは現代文が抽象的な文章だからだ。例で説明しよう。

例文①「今この記事を読んでいるあなたは、スマホかパソコンの画面を見ているであろう。」

これを読んだほとんどの人は、皆ほぼ同じ内容を思い浮かべられるだろう。

例文②「今あなたは、慌ただしく移り変わる流行に取り残されまいと、どこか近未来的だが普遍的な装置に夢中である。」

これはどうか。自動運転の車?ディズニーランドの新アトラクション?はたまたタイムマシーン?この文章は読み手によって様々な解釈が成立する。同じ内容を述べているが、例文①は具体的な文章、例文②は抽象的な文章である。そして、センター現代文は②のような抽象的な文章なので、内容がよくわからない。よくわからないうえ様々な解釈が成立するので、正解しづらいのである。

正解は客観的根拠=エビデンスによって決まる

では、どうすれば抽象的な文章で正確な解釈ができるのか。それは客観的根拠、つまりエビデンスに基づいて選択肢を選ぶことだ。

エビデンスとは、抽象的な表現に具体性を与える客観的な根拠のことである。もはやこの表現が抽象的なので、先ほどの例文②に情報を加えて具体的に説明してみよう。

例文②’「今あなたは、慌ただしく移り変わる流行に取り残されまいと、どこか近未来的だが普遍的な装置に夢中である。だが地下鉄では電波が悪く、情報が更新されずイライラ。」

これだとどうだろうか。ほとんどの人がスマートフォンの話だと理解するはずだ。「地下鉄」と「電波」という情報が加えられたことによって具体性が増した。これがエビデンスである。

エビデンスがあると誰が見ても同じ状態になるので、現代文の問題でもこのエビデンスに基づかなければ正解として成立しないのがお分かりいただけただろうか。つまり、選択式の正解はエビデンスによって決まると言っても過言ではないのだ。

エビデンスに基づいて具体化する

つらつらとエビデンスの重要性について述べてきたが、いくらエビデンスが重要でも使えなければ意味がない。実際のセンター試験過去問で実践しよう。
解答の順序はこうだ。

  1. 問題文:何を答えればいいのか(内容・理由・趣旨etc…)
  2. 下線部を含む一文:必ずチェック
  3. 前後の文脈:含む一文で不十分な場合
  4. 選択肢:エビデンスに基づいた解答に最も近いものを選ぶ

全て重要だが、特に4の選択肢。3まででエビデンスを集めたら必ず解答を作ろう(書かなくてよい)。その解答を持って選択肢の中から最も近いものを選ぶのが正攻法で、かつ筆記にも応用できる解き方だ。間違っても選択肢同士を吟味しないこと。これをやると出題者に引っ掛けられる。

平成28年 本試験 第1問 問2

全文は載せられないので、問題から見ていこう。
H28 現代文 第1問 問2

この問題はどういうことかと聞かれているので、説明問題だ。抽象から具体へ言い換えれば良い。リカちゃんというポピュラーなワードだが油断してはいけない。あなたの主観で考えず、必ず本文に書いてあるエビデンスで具体化しなければならない。傍線部A「リカちゃんの捉えられ方が変容している」。変容なのでBEFORE⇨AFTERという変化に関するエビデンスがあるはずと予測し、含む一文を確認する。

これは、評論家の伊藤剛さんによる整理にしたがうなら、特定の物語を背後に背負ったキャラクターから、その略語としての意味から脱却して、どんな物語にも転用可能なプロトタイプを示す言葉となったキャラへと、Aリカちゃんの捉えられ方が変容していることを示しています。

傍線部を含む一文を確認すると、BEFORE⇨AFTERはキャラクター⇨キャラであることが分かる。それぞれのワードの説明は、キャラクターは特定の物語に限定されるもの、キャラはどんな物語にも転用可能なものとある。以上のエビデンスをまとめると、「リカちゃんの捉えられ方が、特定の物語または背景に限定されるキャラクターから、どんな物語にも適応するフレキシブルなキャラに変容している」という解答を作成できるだろう。ここで選択肢を見てみると、ほぼ同じことが①で述べられており、①が正解となる。

平成28年 本試験 第1問 問3

H28 現代文 第1問 問3

この2つのワードの関係についての説明問題。問題文を確認したので、次に傍線部B「人びとに共通の枠組を提供していた『大きな物語』」を含む一文を確認する。

こうしてみると、キャラクターのキャラ化は、B人びとに共通の枠組を提供していた「大きな物語」が失われ、価値観の多元化によって流動化した人間関係のなかで、それぞれの対人場面に適合した外キャラを意図的に演じ、複雑になった関係を乗り切っていこうとする現代人の心性を暗示しているようにも思われます。

問2の内容である「キャラクターのキャラ化」の話から、傍線部Bは、特定の物語または背景に限定される「キャラクター」に関する部分であることは分かったが、これだけでは情報が不十分なので、次の段落を見てみよう。

振り返ってみれば、「大きな物語」という揺籃(ゆりかご)のなかでアイデンティティの確立が目指されていた時代に、このようにふるまうことは困難だったはずです。付きあう相手や場の空気に応じて表面的な態度を取り繕うことは、自己欺瞞と感じられて後ろめたさを覚えるものだったからです。アイデンティティとは、外面的な要素も内面的な要素もそのまま併存させておくのではなく、揺らぎをはらみながらも一貫した文脈へとそれらを収束させていこうとするものでした。

「大きな物語」について言及されている段落。人びとは「大きな物語」というゆりかごのなかでアイデンティティを確立しようとしていたとあり、まさにこの2つのワードの関係性が述べられている。さらに、アイデンティティという抽象表現が「とは」「ではなく、〜」の強調ワードで具体化されており、それは、不安定ながらも外面と内面の両要素を一貫させていくことだという。

以上のエビデンスをまとめると、「人びとは大きな物語という時代性のなかで、不安定ながらも外面的要素と内面的要素を一貫、統合させ自己を確立しようとしていた」という解答を作成できるだろう。ここで選択肢を見てみると、ほぼ同じことが②で述べられており、②が正解となる。

最後に

以上、過去問を使ってエビデンスに基づいた解答法を実践したとおり、エビデンスの重要性を理解していただけただろうか。この記事のポイントを復習する。

  • 現代文は「何となく」では解けない
  • 正解は客観的根拠=エビデンスによって決まる
  • エビデンスに基づいて具体化する

論理的に正しい努力を積み重ねることによって、センター現代文で8割取れるようになるはずだ。少なくとも僕は現役時5割ほどしか取れなかったが、本番では8割取ることができた。ちなみに、実践問題集や模擬問題など様々な教材があるが、実践はセンター過去問が最適だ。受験生ならセンター過去問はまず持っていると思われるが、どうしてもあの分厚さを持ち運ぶのはためらわれる方には、スタディサプリをオススメしたい。人気予備校講師の授業が見放題なだけでなくセンター過去問が見られるうえ、一問一答形式で過去問演習ができる。学校や電車など外出先でもスマホですぐ実践できるのが魅力だ。

以上、現代文の勉強法を確立できていない受験生はぜひ実践して、一日も早く現代文に対して自信をつけてほしい。

多くの受験生が見落としがちな、センター8割突破に最も重要な1つのポイント

国公立大はとにかく勉強量が多い。
センター試験は5教科7科目もあるうえ、難関国公立になると8割以上の得点率を取らなければならない。さらに記述式の二次試験もある。
しかし時間は限られているので、全教科に使える効率の良い勉強法をいかに確立し、継続できるかで勝負がつくと言っても過言ではない。

では、どんな勉強法であれば効率良く8割を取れるのか。
2年のブランクから8割以上取って国公立大学に合格した僕が実践した、センター8割突破に最も重要なポイントに絞った勉強法を紹介する。
勉強法に悩む受験生・浪人生の方々が、少しでも受験生活の不安を解消する手助けになれれば幸いである。

基礎 – 2割のエビデンスを徹底的に反復する

センター8割突破に最も重要なポイント
それは、客観的根拠=エビデンスに基づいて解答することである。
センター試験は選択式なので、明確な根拠によって正解がたった一つに決まってしまうからである。

さらに、全体の8割は2割の要素によって生まれるというパレートの法則を適用すると、「得点の8割は、2割のエビデンスによって生まれる」となる。
この、パレートの法則を受験勉強に応用する考え方は有名で、ネットで検索するとたくさんの記事が出てくるが、この記事では具体的な勉強法にまで落とし込んで解説していく。

正解は、客観的根拠によってたった一つに決まる

当たり前のように聞こえるかもしれないが、正解が一つだけ決まるには理由があり、それは誰が見ても変わることがない事実に基づいている。
この事実を客観的根拠=エビデンスと呼ぶことにする。
選択式のセンター試験で得点を取るためには、絶対に理解すべき概念である。

具体的に見ていこう。
センター試験 2016年度 英語 Q9
センター試験本試験 平成28年度 英語 から引用

この問題の正解は①Although。エビデンスは品詞の用法。
[9]は節を形成している(後に主語+述語がある)ので接続詞が入る。
③Despiteは前置詞、④Howeverは副詞なので不適切。
②Butは等位接続詞(節と節をつなぐ)なので文頭には来ない。並び替えてTokyo has a huge population, but it has a relatively small land area. なら使用可。

簡単な問題なのでここまで考えずとも正解が出るかもしれないが、主観(なんとなく)で解いてしまうと引っかかる。
『意味的には東京は狭いけど人口が多い
・・・逆説か〜なんか文頭で使われてるの見たことあるから④However?
・・・でも「しかし」より「にもかかわらず」の方が良さそう①Althoughか③Despite?
・・・どっちもいけそうだな〜・・・』
これでは確実に8割取ることは難しそうだ。だが実際によくやってしまう解き方だ。
問題作成者はエビデンスに基づいて選択肢を設定するので、解答者も同様にエビデンスに基づいて解答しなければ解きにくくなっているのだ。

確実に8割取ることが最優先

エビデンスの重要性は理解していただけただろうか。
実際には大学受験の範囲だけでも多くのエビデンスがあるが、そのうちの2割の重要なエビデンスを優先してマスターすべきである。
なぜなら、満点ではなく8割を取るには、2割の重要なエビデンスだけで十分カバーできるからだ。
教科書や参考書の目次に出てくるワード。
もしくは本文の太字部分。
先生が言う「ここテストに出ます!」の箇所。
こういったエビデンスは、重要度が高いほど頻度も高い。たとえば問題演習や過去問をやっていて見たことがある問題や似たような問題に出くわしたが、答えられなかったことはあるだろうか。それはまさしく、あなたがマスターできていない2割のエビデンスの一つである。

肝心の2割の重要なエビデンスを集めるには、予備校の授業やテキストが効率的だ。大学受験の傾向を研究している予備校講師から学ぶべきことは多い。
僕が通っていた予備校の夏期講習は1講義20,000円もの高額で、3コマ程度しか受講できなかった。
しかし今はスタディサプリがある。月額980円で人気予備校講師の授業が見放題というサービスだ。これを使わない手はない。

記憶は「インパクト×反復」

2割の重要なエビデンスの重要性は分かったとして、問題はどう身につけるか。
これは裏技などなく、ひたすら反復する他ないのだが、何も考えずに反復するようでは効率が悪い。
少しでも反復の効果を上げる方法はないだろうか。

それは、いかにインパクトをつけられるかだと僕は考えている。
好きなアーティストのTwitterやプロフィールなど、特に努力せず覚えられた経験はないだろうか。
プライベートでは好きな人の所持品や口ぐせ、一緒に行ったカフェの場所など。
このような自分にとってインパクトが強い記憶は、忘れない。同様に悪いインパクトー恥ずかしい失敗経験や、悲惨なニュースなども忘れにくいだろう。

インパクトをつけて反復する方法としては、
・予備校講師の講義を何度も見る
・友人と問題を出し合う
・根拠を使って友人に問題を解説する
・定番のオリジナル語呂合わせを考える
などなど、工夫して欲しい。
僕はひたすら反復派だったので、京大式カードにまとめて毎日見て思い出す作業をルーティーン化した。これを反復するだけで日本史や現代社会、生物の知識を体系的に身につけることができる。

「分かる」と「分からない」を分ける

では、2割の重要なエビデンスをマスターするとどうなるのか。
それは、「分かる」と「分からない」をしっかりと区別することができるようになる。
優先順位をつけずになんとなく勉強していると、「なんとなく分かる」「なんとなく分からない」ばかりが増えていく。
その結果、「なんか見たことあるから」という理由で選択肢を選んでしまうのだ。
こうなってしまうとなんとなく解けた感じはするのに点数が取れなくなり、勉強のモチベーションが下がってしまう。

一方、重要なエビデンスを地道にマスターしていくと、自信を持って使える知識が増えていく。
「分かる」と「分からない」を区別できるため、問題を解くたび勉強すべきポイントが明らかになる。
こうなってくるとようやく成績が安定するのだ。
よくセンター過去問を何周も解いたら8割取れるなどと言うが、ただループすればいいのではなく、意識的に「分からない」を発見して「分かる」に変換していかなければ8割取れるようにはならない。

実践 – エビデンスに基づいて解答するクセをつける

「得点の8割は、2割のエビデンスによって生まれる」ので、2割のエビデンス「インパクト×反復」によって優先的にマスターすべきである。
その結果、「分かる」と「分からない」を区別することができるようになり、問題演習で得られる効果が大幅に上がる。
これが1章のまとめ。
2章では、2割のエビデンスを使った過去問や模試の解き方・やり直しの方法について話を広げていく。

感覚で解答しても周りと差はつかない

2割のエビデンスに基づいて、実際に問題を解いていくが、ここでも決して「何となく」で解答してはいけない。
その理由は明快で、周りの受験生と差がつかないからだ。
受験は絶対的評価でなく相対的評価であるので、いかに周りの受験生と得点差をつけられるかが重要である。
そして多くの受験生は明確なエビデンスもなく、「何となく」解答を選んでしまうものだ。
特に、現代文や英語の長文など抽象度が高い教科こそ、エビデンスに基づいて解答するべきだ。
現代文こそエビデンスに基づいて解答すべきだと、センター過去問を使って示してみる

やり直しは答えではなく、エビデンスを確認する

受験生にとって面倒なのが、模試のやり直しだ。
科目数も解説の分量も多く、つい手抜きになりがちだが、自分の解答のエビデンスを確認・修正する絶好の機会である。時間をかけてでもしっかりやり直そう。
答えをチェックするのはもちろんだが、その答えを導き出したエビデンスが正しかったかどうかを必ず確認して欲しい。
エビデンスを理解したら、もう一度問題を解いてみる。解けなければ再度、解説のエビデンスに戻る。
これを問題が解けるようになるまで繰り返すこと。
このようにエビデンスをもって解答する習慣をつけると、二次試験にも応用できる応用力もつくので、根気強く反復しよう。

応用 – エビデンスを元に出題されうる問題を想定する

ここからは応用編。
2章までの勉強法を実践できれば、もう8割取れるようになる人もいるだろう。
3章はセンター試験の知識を二次試験につなげたい人や、センター利用狙いで8割以上の得点率が欲しい人向けである。
ずばり、「出題者の立場で問題を想定」してみよう。

エビデンスを使って問題を予想する

冒頭の例で考えてみよう。
センター試験 2016年度 英語 Q9
センター試験本試験 平成28年度 英語 から引用

この問題から得られるエビデンスは、

品詞 意味 類似語
①Although 従位接続詞 〜だけれども though
②But 等位接続詞 しかし
③Despite 前置詞 〜にも関わらず in spite of
④However 副詞 しかしながら
どれほど〜でも
nevertheless
no matter how

この問題では品詞の知識のみで解答できるが、この問題から「意味」と「類似語」まで勉強すると次のような問題を想定できる。

問. [____] tough it was, you didn’t give up on that.
①Even if ②However ③Unless ④Hardly

正解は②However。
もし冒頭の問題で答えのみチェックして素通りしていたら、Howeverのもう一つの意味を知らず別の選択肢を選んでいたかもしれない。
これは簡単な問題だが、このようなエビデンスの小さな積み重ねが大きな差となるのだ。

予備校講師への質問で確認する

エビデンスを使って問題を想定したら、周りからのフィードバックをもらおう。
手っ取り早いのは友人だが、可能ならば先生や講師に質問しよう。
この時気をつけるべきことは、想定した問題そのものを聞くのではなくて、その問題を想定するに至った過程に関する質問をした方がよい。
講師からしたら生徒の予想問題を聞かされるより、生徒の思考プロセスや教科への理解を聞く方がアドバイスしやすいからである。
そして、ポイントはできる限り具体的に質問することだ。
講師からすれば何百人もの生徒を対象にしているので、一人ひとりの偏差値や勉強状況まで把握できないのが普通だろう。
自分の状況をきちんと相手に伝えることで、より効果的なアドバイスがもらえるのだ。

誤「センター第二問のイディオムが苦手です。自分が身につけた知識で問題を作ってみたのですが、見てもらえませんか」

正「センター第二問対策に使える知識を増やす為に、問題を想定しています。Howeverのような否定を導く種類の副詞や接続詞が苦手なので、整理の方法や学習すべきポイントを教えていただけませんか」

誤「長文のコツを教えてください」

正「長文の時間が足りなくて困っています。速読力を高めるために取り組むべきポイントを教えてください」

このように質問をすることで、エビデンスから周辺知識を広げることができ、応用問題や発展的な問題を解けるようになっていく。

最後に

正解がたった一つだけ決まる理由=エビデンスを中心に、センター試験で8割を取るための効率的勉強法について書いた。
参考にできるポイントが少しでもあれば、幸いである。
各ポイントの詳細記事は随時書いていく予定なので、そちらも合わせてどうぞ。